訪問看護のマナーとは
2020.02.03
訪問看護は、利用者様のお宅に上がるという点が病院とは大きく異なる環境でケアやリハビリを行うことになります。そのため、訪問看護のマナーは言葉遣いだけでなく、振る舞いも含めて行動する必要があります。今回は訪問看護におけるマナーの心得を紹介いたします。(第一弾 家に上がる前から入室前まで)
------------------------------------------------------
1 家に上がる前から!入室前のマナー
 1-1 ユニフォームのニオイエチケット
 1-2 アレルギーのある方のために!ペットの毛やホコリはしっかり取る
 1-3 介入時間ピッタリの入室を!
 1-4 インターホンを鳴らす前に!上着は脱いで持っておく
------------------------------------------------------

1 家に上がる前から!入室前のマナー
 ご自宅に上がらせていただく前からマナーは始まっている!といっても過言ではありません。特に、初めて伺う利用者様や訪問看護サービス前の契約といった大切な日は特に気をつけたいところです。

1-1 ユニフォームのニオイエチケット
 喫煙をする場合は、訪問の前に臭いを軽減するスプレーをしたり、喫煙は制服着用の前にしたり、上着をはおって臭いがつかないように喫煙するなど、工夫をしておきましょう。
利用者様やそのご家族の中にはたばこの臭いが苦手な方もおられ、臭いがクレームや担当変更依頼につながってしまうこともあります。また、自分が吸っていなくても喫煙をされる利用者様のお宅に行き、服に臭いがついてしまう場合もありますので気をつけたいですね。
また、出先で食事を済ませた後に訪問をする場合は食事の臭いにも気を配りましょう・

1-2 アレルギーのある方のためにペットの毛やホコリはしっかり取る
 ペットを買われている利用者様のお宅に訪問すると靴下や服につくのがペットの毛。ご自宅に上がらせてもらう前にエチケットブラシなどで取るようにしましょう。
理由は、単に身だしなみの問題だけでなく、利用者様やそのご家族の中にハウスダストや猫アレルギーなどのある方がおられる可能性があるためです。まれに、訪問開始前に利用者様やご家族様から「アレルギーがひどいため、猫を飼われている方は担当から外してほしい」と頼まれることもありますが、そうでない場合であったとしても、気をつけておきたいですね。

1-3 介入時間ピッタリの入室
 訪問していて、10分、15分前にご自宅に到着するのはよくある事ですが、早く着いたからといって早めにお宅に上がらせてもらうことのないように。必ず介入時間どおりの入室を心がけましょう。ビジネスシーンの場合は、アポイントの時間の5分前くらいであれば、許容範囲とする傾向にあります。来客前の準備をされている場合もあるので、アポイントがあっても約束時間より早すぎる訪問は避けたほうがよさそうです。

1-4 インターホンを鳴らす前に!上着は脱いで持っておく
 忘れがちですが大事なマナーとして、お宅に上がる前にコートなどの上着を脱いでおくというマナーがあります。これには室内にちりやホコリを持ち込まないため、という意味があります。上着は外側を内にして折り、利き手とは反対の腕にかけてもちましょう。     

🐩次回は入室からケア中のマナーについてお伝えいたします。🐩 By Sakami

- CafeLog -