食べ物をウマく咬むために必要なのは?
2020.08.18
皆さん、最近は如何お過ごしでしょうか。
私には小学2年生になる娘がおりますが、楽しいはずの夏休みが今年は新型コロナウイルスの影響であまり外出ができない上に期間も2週間しかなく、少し可哀想な気が致しました。

夏休みといえば宿題ですが、例によって娘も算数や漢字ドリル、絵日記や読書感想文などに励んでおりました。自由課題の中に貯金箱作りがあり、娘の要望で私と一緒に紙粘土でユニコーンの貯金箱を作製致しました。因みに角と翼は磁石で付いており、着脱が可能です。



ユニコーンは上記写真のように額の真ん中に一本の角が生えた馬に似た伝説の生き物ですが、皆さんは馬(ユニコーンではなく)の歯を見たことはありますでしょうか。
馬には前歯と奥歯の間に歯のない部分(歯槽間縁といいます)が存在し、乗馬をする際には、その歯のない部分に金属でできた「ハミ」と呼ばれる道具を入れます。その「ハミ」は手綱とつながっており、人が馬に乗った時にハンドルとブレーキの役目をしております。

さて、馬の場合は歯のない部分は「ハミ」を入れるのに都合が良かったのですが、私たち人間の場合はどうでしょうか。

歯のない部分を回復せずに放置していると、残った歯が移動して咬み合わせが変化してしまいます。その結果、虫歯や歯周病、咬み合わせの異常などを引き起こす場合があります。そして、姿勢が崩れて肩こりや頭痛、顔のゆがみなど、全身に影響が及ぶこともございます。

従いまして、不運にも虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合には、なるべく早期に人工の歯で、歯のない部分を補う必要があります。なくなった歯の部位や本数によってブリッジ治療、入れ歯治療、インプラント治療のいずれかで歯を補います。

どの方法にも利点・欠点がございますので、詳しい内容をご希望の方は、ぜひ当クリニックへご相談ください。実際に口の中を拝見させて頂き、患者様一人ひとりに合った治療法をご提案させて頂きます。

まだまだ新型コロナウイルス感染は収束しそうにありませんので、健康な歯で食べ物を良く咬んでしっかり栄養を摂って頂き、抵抗力を付けて感染予防に努めてください!
コロナウィルスの抗体検査(IgM & IgG)始めました
2020.08.04
当クリニックでは、「INNOVITAイノヴィータⓇ」という新型コロナウィルス用抗体検査キットを使用しています。このキットはヨーロッパのCEマーク(すべてのEU加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク)や中国のFDAの認定を受けています。



※当院で行なっている検査は新型コロナウイルスの抗体検査であり、PCR検査、抗原検査ではございません。

検査ご希望の方は、お電話(03-6425-8858)にてご予約のうえご来院ください。
法人でのまとめての検査も受け付けております。遠方の会社への出張検査も行っております。お子様の検査も可能です。

<抗体検査はこんな方に向いています>
・元気に過ごしていたが、新型コロナウイルスに感染しても無症状のこともあると聞き、心配な方
・以前風邪症状があったので、それが新型コロナウイルスだったか知りたい方
・自主隔離や外出自粛から解放されずお困りの方 など


※新型コロナウイルスに一度感染すると抗体ができるといわれています。抗体があることで、再び感染するリスクが激減します。
※PCR検査、抗原検査ではございませんので、現在発熱や風邪症状の無い患者様を対象とさせていただいております。



<検査結果>
検査結果は、採血後、約10分程度で結果が出ます。
このキットではIgMと、IgGと2つの抗体を同時に検出します。新型コロナウイルスの抗体検査の結果は、医師より口頭でご説明し、ご希望に応じて抗体検査証明書を発行しております。

<料金>
新型コロナウイルス抗体検査 ¥10,000(税別)

是非、お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6425-8858(グレースホームケアクリニック)
2020.08.04 17:41 | 固定リンク | 未分類

- CafeLog -