コロナ疲れに負けないために!
2020.05.12
最近コロナに疲れたという話しをしばしば耳にします。

長期化で先が見えない今は、確かにしんどいですね。
対策のほんの一例ですが、小さな参考にしていただければと思って書いてみました。^_^

*1.情報は適度に集める*
基本的には「正しい情報」は不安を取り除くのに役立ちます。
しかし、今流れているコロナ関連の情報の多くは、ネガティブなものも少なくないです。
中には不安や心配を煽る情報も多く、のめり込めばのめり込むほど、不安は増加し、メンタルは疲弊します。テレビの見過ぎやインターネットは節度を持って接しましょう。


*2.夜更かしは避ける*
テレワークなどが引き金になり、遅寝遅起き、不規則な生活になってしまうと、「体内時計」を狂わせます。結果として睡眠の質を下げ、体調不良、メンタル不調に拍車をかけます。


*3.家族や友人との「つながり」は大切に*
外出自粛とは、家に閉じこもって、「誰にも会わない」こと。人間関係のロックダウンと勘違いすると「コロナ疲れ」を進めます。友人などに”直接”会うのは好ましくないので、SNSや電話で連絡をとりあう、Zoomなどのテレビ電話で相手の顔を見るということは、案外効果的だそうです。


安心やストレス発散は免疫力を高め、不安やピリピリは免疫力を下げます。

外出自粛、そしてコロナウイルスとの戦いは、長期戦。
あまりピリピリせずに、楽しみながら、「つながり」を大切にしながら、乗り越えていきましょう。
新型コロナウィルス感染症の影響について
2020.04.27
この時期の話題といえば、やはりコロナ感染でしょうか。
当院では先月より、マスク、グローブ、ゴーグル、防護服を大量に購入し、感染防止に努めています。

3ヶ月分は確保したものの、終わりが見えないこの緊急事態に、ご利用者様もお疲れかと思います。

ゴールデンウィークが終わるまでは、辛抱!と思い、自宅でのストレッチに励む毎日を過ごしています。
早く何時もの生活に戻れる日が来ると良いですね🤗

新型コロナウィルスが猛威を振るっています。
2020.03.30
新型コロナウィルスが猛威を振るっています。見えない敵に不安になって閉じこもり気味
になってしまいます。閉じこもり気味になると、、、
食べ過ぎ・ゴロゴロ運動不足・睡眠不足になりがち。
見えない敵に勝つためにも自己免疫を高めるように睡眠・運動・食事が重要です。

今回は、運動に着目します。
運動ってどのくらいすれば良いの?と疑問になりますので、以下に一般的に厚労省が推奨する
運動量の目安を紹介します。



※メッツ:メッツとは、運動によるエネルギー消費量が安静時の何倍に相当するかを表す単位。
座って安静にしている状態が「1 メッツ」、普通歩行が「3 メッツ」となります。

適度な運動を行い、自己免疫を高めましょう!! By Gotouda

- CafeLog -