一般歯科

当院では患者様へのわかりやすい説明と確かな技術で納得のいく治療を常に心がけています

虫歯治療

虫歯(う蝕・う蝕症)は、口腔内ににいる細菌(ミュータンス連鎖球菌・乳酸桿菌)が酸を出して歯を溶かしてしまう現象です。この現象を脱灰といいます。 虫歯の初期の段階は、溶けた部分が元に戻ることを期待して、虫歯の進行を防ぐ為に、フッ素塗布やナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合剤でエナメル質を直接修復することになります。 表面のエナメル質が割れて大きな穴が開いてしまっている場合は、削って詰めるという治療になります。

一般歯科

虫歯になる原因

原因1
歯垢 口の中に糖分などが残っていると、水に溶けない粘着性のグルカンという物質ができ、ミュータンス菌などが砂糖などを食べることで発生させます。グルカンは歯について、様々な細菌を引き寄せて歯垢を作ってしまい糖分やでんぷんを分解し、酸を発生させ、歯の表面を溶かしていきます。

原因2
甘い食べ物 ミュータンス菌などの細菌は、糖分を食べ乳酸を発生させます。乳酸が歯垢の中にたまると、歯のミネラル(カルシウムなど)を溶かします。甘いものが好きな人は、口内の細菌が活性化します。

原因3
歯の性質 歯の質や歯並びも虫歯になるには大きくかかわってきます。歯が酸で溶けやすかったり、歯並びが悪く歯垢がたまりやすかったりと人それぞれ歯の性質を持っています。

原因4
時間 歯に歯垢がついている時間が長いほど、むし歯になる確率は高くなり、飲食するたびに歯の表面は酸性になるので、間食が多い人はむし歯になりやすいと言えます。3 食しっかり食べて、なるべく間食しないことが大切になります。

歯周病治療

歯周病は早期発見、早期治療が大切です。早めの予防を心がけましょう。

歯周病とは?

一般的に、歯槽膿漏と呼ばれていて、歯周組織(歯肉と歯槽骨など)に発症する慢性の病気です。

歯周病の最大の原因は、歯垢(プラーク)です。歯垢には、たくさんの細菌が存在しており、歯肉に接触すると炎症が起こり、進行すると歯槽骨が吸収されて、歯槽骨自体で歯を支えられなれなくなり、ひどくなると歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行により以下のような症状が発症します。
①歯肉の腫れ、歯肉から出血や膿がでます。
②歯周ポケットの形成
③歯槽骨の吸収、歯肉の退縮
④歯牙の動揺
⑤歯牙の喪失

どんな検査をするの?
①レントゲンを撮ります
②歯肉ポケットの深さを測定します
③歯のぐらつき度をチェックします

クリニック紹介動画 訪問歯科新聞 訪問看護 スタッフブログ ホワイトニング 睡眠時無呼吸症候群
在宅(医科)診療提携先
往診エリアを目安として半径3kmで
掲載させて頂いております。

≪世田谷区エリア≫
ふくろうクリニック
≪大田区エリア≫
ファミリークリニック蒲田
≪川崎エリア≫
あいホームケアクリニック 川崎ライフケアクリニック