ホワイトニング

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を薬剤の力で白く(漂白)していくものです。当院では、後戻りの少ないホームホワイトニングを行っております。

ホワイトニングの種類と治療方法

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で自分でできるホワイトニング法です。まず診査、診断、カウンセリングを行ない、あなたの歯の精密な型をとります。この型は模型にされて、その模型を元にあなた専用のホワイトニングトレー(カスタムトレー)が作製されます。
そして自宅でカスタムトレーの中にホワイトニング剤を入れ、1日1回30分~2時間程度歯につけて頂くだけです。暇なときや、口を動かさない時に手軽にホワイトニングができてしまいます。ホワイトニング剤には種類があり、各々使用法、装着時間等異なりますので歯科医師の指示のもと行うことが大切です。

Before

ホワイトニング

After

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

診療室内で歯科医師が行なうホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。歯科医院で歯科医師はあなたの歯にオフィスホワイトニング専用のホワイトニング剤を表面に塗りつけてレーザーやLEDという専用のライトソースを使用して、ホワイトニング剤を活性化させ効果を高める処置をします。
1回の所要時間が20分~30分、これを2~3回繰り返しますので、約40分~90分間の治療時間が必要になります。今まではアルゴンガスレーザーが主としてライトソースに使用されていました。このレーザーはクールレーザーとも呼ばれ発熱しないため、とても安全なレーザーですが、最近ではLEDを使用したホワイトニング専用のライトソースもあります。 歯のマニュキュア ホワイトニングをより気軽に体験していただけます。一回の処理で終了しますので、結婚式やパーティーなどの前にお化粧感覚で気軽に白く美しい歯を体験してみませんか?

ホワイトニングの欠点とは?

欠点の1つが知覚過敏です。
ホワイトニングでどうして歯が白くなるかというと、ホワイトニング剤が歯に浸透して歯の色素を分解して歯を白くしてゆくのです。その時にもしあなたの歯に目に見えないひびや、深い虫歯を治療した詰め物などがあれば、「歯がしみる」といった知覚過敏を経験することになります。
しかし、この知覚過敏はあくまで一過性の一時的なものですのでホワイトニングを一時中断すると症状はすぐ消失します。またフッ素クリームという専用のクリームをお渡しする場合もあります。 もう一つの欠点が後戻りです。
残念なことに大なり小なり必ずこの後戻りは起きてしまいます。あなたはホワイトニングによって今までにない歯の白さを手に入れても、そのまま何もお手入れしないで放ったらかしだと2、3年であなたの歯の色は元に戻ってしまうかもしれません。 しかし、ホワイトニングメインテナンス用の歯磨剤を使って歯みがきをしてもらうこと、3ヶ月か6ヵ月後に歯科医院を訪れ、歯のクリーニングと「タッチアップ」と呼ばれる後戻りした分少しだけ歯を元の白さに戻す追加ホワイトニングを繰り返すことで、この後戻りを予防することは可能です。

クリニック紹介動画 訪問歯科新聞 訪問看護 スタッフブログ ホワイトニング 睡眠時無呼吸症候群
在宅(医科)診療提携先
往診エリアを目安として半径3kmで
掲載させて頂いております。

≪世田谷区エリア≫
ふくろうクリニック
≪大田区エリア≫
ファミリークリニック蒲田
≪川崎エリア≫
あいホームケアクリニック 川崎ライフケアクリニック